X
商取引に関し、我々は「個々のクライアントのニーズ」をもっとも重要視し、常に実践的かつ柔軟な発想に基づく的確なアドバイスの提供を心がけています。また、長年の経験を生かした商業契約の交渉及び書類作成にあたっています。会社法の分野においては、会社の設立から、役員の責任、ガバナンスなど多岐にわたるアドバイスを行っています。

主な取り扱い分野

Professionals

林由紀夫

林由紀夫

主任弁護士

ケネス・ホン

ケネス・ホン

主任弁護士

ジョン・キム

ジョン・キム

パートナー弁護士

スティーブン・フゥ

スティーブン・フゥ

特別顧問

セイル・キム

セイル・キム

特別顧問

ティンロク・シェ

ティンロク・シェ

特別顧問

デヴィッド・アン

デヴィッド・アン

特別顧問

ビクトリア・チャ

ビクトリア・チャ

特別顧問

ジャスティン・リヨン

ジャスティン・リヨン

弁護士

イアン・ハッチンソン

イアン・ハッチンソン

上級顧問

エリカ・リー

エリカ・リー

弁護士

ジーニー・リー

ジーニー・リー

弁護士

トレイシー・フォ

トレイシー・フォ

弁護士

上田大介

上田大介

弁護士

クレア・キム

クレア・キム

外国弁護士

ベラ・チョ

ベラ・チョ

外国弁護士

アメリア・チャン

アメリア・チャン

弁護士

サガン・チョン

サガン・チョン

弁護士

ジェホ・リー

ジェホ・リー

弁護士

ジェラード・アン

ジェラード・アン

弁護士

ジャッキー・チョ

ジャッキー・チョ

弁護士

ジーナ・ジョン

ジーナ・ジョン

弁護士

ベンジャミン・チョン

ベンジャミン・チョン

弁護士

ミンジョン・ソン

ミンジョン・ソン

弁護士

MORE

コラム

MORE >


商取引及び会社法

セール品の返品 - オーストラリアの消費者保護法  

Q:先日、衣料品店でセールをやっていたので、ジーンズを一本買ったところ、2回履いただけでジッパーの部分が壊れて履けなくなってしまいました。店に返品しに行ったところ、「セール品ですので返品は受け付けません」と言われ、なんだか騙されたような思いです。法的にどうにかできないのでしょうか? A:オーストラリアでは、消費者保護法(Australian Consumer Law、以下「ACL」)により、消費者には様々な権利が保証されています。ちなみにACLの適用範囲は大変広範囲にわたり、商品だけでなく、サービスにも適用され得ます。ACLの第54条は、その商品が妥当に「安全で、耐久性をそなえ、瑕疵なく、外見にも問題なく、通常の用途にかなうものである」という、いわば法律上の品質保証を定めています。今回のケースについて言えば、2度着用しただけで壊れるような衣類は少なくとも「妥当な耐久性」があるとは言えないでしょうから、店はこのジーンズにつき、返金、交換、または修理をする義務があると判断します。 ACLの第54条では、その商品につき、一般的な用途、価格、表示等が考慮され、その商品の「妥当な品質」の保証の度合いが判断されます。例えば、5ドルのTシャツの場合は、50ドルのTシャツの場合にくらべ、保証される「妥当な品質」の度合いは当然低くなります。つまり、5ドルのTシャツを数回洗濯して色落ちしても、恐らく消費者保証のクレームはできないでしょう。冷蔵庫などの白物家電が1年の通常使用後に壊れた場合には「妥当な耐久性」がないと考えられるでしょう。よく家電等の商品には、決められた期間(例えば1年)のメーカー保証がついてきます。しかしながら、たとえこのメーカー保証期間が切れたとしても、上記第54条が適用されるのであれば、消費者の商品の欠陥に対する権利は継続します。ちなみに、メーカー保証書の中には「このメーカー保証は消費者のACL上の権利を制限するものではない」と記載することが義務付けられています。 また、購入した商品が「セール品」や、中古品、ネットショッピングで購入したものであったとしても、保証の度合いに差はあるでしょうが、原則的に第54条は適用されます。ACLの消費者保証が適用されないケースの例としては、レシートなどの提示ができず、その店から購入した証明ができない、個人間(ガレージセール等)またはオークションで購入した、普通でない使い方をした、また、品質に何ら問題はなく「購入後に気が変わった」という理由だけで返品しようとする場合などがあります。 今回のようなケースで、店がジーンズの返品等に応じてくれない場合には、店のマネージャに「Australian Competition and Consumer Commissionや、Fair Trading等の機関に相談する」と、まずは伝えてみることをお勧めします。それでも応じてくれないようであれば、実際にこれらの機関に連絡すると良いと思います。  


商取引及び会社法

カードローン ― 自己破産を避けるには

Q: 去年リストラされました。それ以来収入はほとんどなく、カード・ローンが3万ドル近くまで膨れ上がってしまいました。到底返済できる状況ではありません。その取立てが厳しいので、知り合いに相談したところ、いっそのこと自己破産してはどうかと言われました。どうすれば良いでしょうか? (30代無職=男性)   A: 確かに自己破産をすることにより債務者は債権者から法的に解放され、人生を再スタート出来ることになります。しかし、世の中はそれほど甘くはありません。一度自己破産をしてしまうと社会的信用を失うことになり、将来的に大変な「足かせ」となる可能性があります。 例えば、新たなクレジットカードを作りにくくなったり、銀行からの融資を受けるのが難しくなったりします。また、就ける仕事が制限されたり、破産宣告中、海外渡航をするためには管財人から事前の許可が必要になったりします。ですから自己破産はそう簡単にするべきものではありません。   しかしながら、債権者と話し合いをする上で「自己破産」は大変頼りになる切り札です。というのも、債権者の最大の関心事は借金をいかに返済してもらうかであり、あなたを自己破産させることではないからです。もしあなたが自己破産をした場合、清算人の費用などを考慮すると、カード会社はおそらく1ドルも回収することができないでしょう。従って、カード会社にとってあなたを自己破産させることは全く得策ではないのです。   では、あなたが今持っている資産を全て売却し返済に充てれば、残りの債権は全て放棄してくれるかと言えば、そう簡単にはいきません。カード会社と和解するためには、うまく交渉をする必要があります。まず必要なのは、あなたの全財産を開示し、かつ収入がほとんどない旨をカード会社に信用してもらう必要があります。そのためには、あなたの誠実な態度及び反省が必要です。また、あなたがなぜこのような状況に陥ったかの経緯(リストラされた事など)及びカードでどのような買い物をしたのかも重要になるでしょう。例えば、そのほとんどが生活必需品であれば、カード会社から同情を得られるかもしれません。   私の経験から最も有効だと思われるのは、カード会社に対し「もし残額を放棄してくれるのであれば、父親や親戚から多少まとまった額(例えば1万ドル)を借りられ、これを返済に充当できる」というようなことを、オファーすることです。そうすれば和解の可能性も出てきます。   なお、各カード会社及び銀行は、問題のあった顧客に関する情報を共有している可能性もありますので、過去に他の金融機関と同じような問題があった場合は、破産させられることも考えられます。いずれにせよ、カード会社との交渉に当たっては、できれば専門家の助言を受けるのが良いと思います。


商取引及び会社法

債務回収

“A person A who resides in Eastwood lent the amount of $8,000 to his friend B. B promised that he would repay $1,000 per month for eight months and at the end of the last month, B would pay interest of $400. However, B has not repaid any money for five months, and ultimately, he started ignoring A’s contact at all. As such, A wishes to bring a court action against B for the debt recovery.”  1. Mediation through Community Justice CentreBefore commencing a legal proceeding, parties are recommended to resolve their issues through mediation service provided by the local Community Justice Centre. Disputes are sometimes resolved and settled in this stage, and these procedures are beneficial to the parties in disputes in order to ascertain each other’s positions. One of advantages for mediation in the Community Justice Centre is that it does not require any legal assistance by lawyers. Mediation procedures generally take two hours and are free      of charge. If A and B execute a settlement document through the mediation and register it to the court, such a document will have legally binding effects. A settlement through mediation procedures is particularly efficient in the sense that parties do not need to spend time and costs for legal proceedings. It is generally known that around 80% of cases are settled in this stage. To get more information, please contact 1800-990-777. 2. Letter of demandIf parties are unable to reach an agreement in mediation, party A may send a letter of demand to party B. That letter may include an amount of debt and a due date, and that A would initiate a court action by submitting a complaint to the court unless B repays the debt by the due date. For instance, A can send the letter stating that “I hereby demand that you repay me $8,400 by 30 April 2018. Otherwise, I will commence legal proceedings against you to recover the debt without any further notice”. It would be good to include in the letter that both legal costs and an interest on the debt would be charged. Although sending a letter alone to B’s address by post is the best way, sending an email or a facsimile together with the letter is even more effective.  3. Court proceedingsIf B doesn’t repay the debt by the due date indicated in the letter of demand, A can initiate a court proceeding in the Small Claims Division of the Local Court given that the amount of debt is less than $10,000. One of the benefits of lodging a claim in the Small Claims Division is that the rules of evidence do not apply, and a trial is conducted faster and simpler than by a judicial panel. Hence, a claimant can be self-represented without appointing a lawyer if he or she has no difficulty speaking in English. If the      amount of debt is more than $10,000, a claimant should bring an action in the General Division of the Local Court, and if it is more than $750,000, he or she should bring an action in the Supreme Court. In litigations that are not in the Small Claims Division, it is commonplace for claimants to appoint lawyers in trials due to the complexity of facts and numerous potential sources of disputes. On this occasion, claimants should be noted that a limitation period for a debt recovery is six years from the date of accrual of a debt.  If more than six years has already elapsed, a claimant may be unable to bring a court action for a debt recovery against a debtor.  4. Statement of ClaimA has to attest an object of and a reason for a claim in a complaint called the Statement of Claim and submit the document to the Local Court Registry with a filing fee of $99, which begins an official court proceeding. In the Statement of Claim, a claimant can also demand the other administrative fees      incurred for a proceeding including a filing fee as well as a legal interest (the  average interest rate from January 2018 to June 2018 ranged from 5.50% to 7.50% and can vary before and after a trial). Also, if a lawyer represents a claimant in a court proceeding, A can also demand a legal fee in the Statement of Claim. Once A completes the Statement of Claim and submits both the original copy and two      replicated copies (total three copies) to the Local Court Registry, A will be immediately granted a confirmation stamp and a case number. The original copy would be stored at the court, and the other two replicate copies would be returned to A. A has to serve one of the two replicate copies which have the court’s stamps to B within six months thereafter. The most recommended way of a service is either in person or via post by the court. When intending to use the court’s postal service, A can apply for it upon the submission of the Statement of Claim, and the application fee for the service is $42 as of now, the amount which can be also claimed from B by including the amount in the Statement of Claim.  5. Default JudgmentB has to submit a Defence to the court within 28 days of being served with the Statement of Claim. If B fails to do so, A can apply for a Default Judgment. A Default Judgment is when the court unilaterally makes a judgment against a defendant without a hearing, and this judgment concludes with final costs inclusive of an amount of debt, legal costs and interests. When applying for a Default Judgment, A has to submit to the court both an Affidavit of Service which proves that the Statement of Claim is properly served to B either in person or via post by the court and a Notice of Motion-Default Judgment for liquidated claim.