X
私たちは企業の法規制の遵守、役員の職務と責任など、コーポレートガバナンスに関するアドバイスを幅広く提供しています。

Professionals

林由紀夫

林由紀夫

主任弁護士

ケネス・ホン

ケネス・ホン

主任弁護士

ジョン・キム

ジョン・キム

パートナー弁護士

スティーブン・フゥ

スティーブン・フゥ

パートナー弁護士

ショーン・マグーシン

ショーン・マグーシン

特別顧問

セイル・キム

セイル・キム

特別顧問

ティンロク・シェ

ティンロク・シェ

特別顧問

デヴィッド・アン

デヴィッド・アン

特別顧問

ビクトリア・チャ

ビクトリア・チャ

特別顧問

ピーター・ショー

ピーター・ショー

特別顧問

Jennifer Choi

Jennifer Choi

弁護士

ジャスティン・リヨン

ジャスティン・リヨン

弁護士

John. H. C. Colvin

John. H. C. Colvin

上級顧問

イアン・ハッチンソン

イアン・ハッチンソン

上級顧問

エリカ・リー

エリカ・リー

弁護士

ジェホ・リー

ジェホ・リー

弁護士

ジャッキー・チョ

ジャッキー・チョ

弁護士

ジョセフ・リー

ジョセフ・リー

弁護士

ジーナ・ジョン

ジーナ・ジョン

弁護士

ジーニー・リー

ジーニー・リー

弁護士

トレイシー・フォ

トレイシー・フォ

弁護士

上田大介

上田大介

弁護士

クレア・キム

クレア・キム

外国弁護士

ベラ・チョ

ベラ・チョ

外国弁護士

アレックス・ザオ

アレックス・ザオ

弁護士

サガン・チョン

サガン・チョン

弁護士

サンディー・チョ

サンディー・チョ

弁護士

ミンジョン・ソン

ミンジョン・ソン

弁護士

MORE

コラム

MORE >


商取引及び会社法

オーストラリアで起業する

Q:友人と一緒に、カフェを始めようと思っています。気の合う友達同士なので、形式ばった契約書などは必要無いかと思ったのですが、別の知人からは「取り決めを、覚え書き程度にでも、書面で残しておいたほうがいいのでは?」と言われました。どういった書類が必要になるのでしょうか?   A:取り決めを書面化することは絶対に必要だと考えます。気の合う友達同士であればなおさらです。例えば、後にビジネスの経営方針につき重大な意見の相違が生じたり、利益の分配に関し合意が得られない場合等、その解決の拠り所となるルール(合意書)が存在しないと、問題の解決がいちじるしく困難になってしまいます。 さて、まずは「友人と一緒にカフェを始める」ということについて、明確にする必要があります。二人で、新規に会社を設立して、会社を通じてのカフェ経営となるのか?あるいは、二人がそれぞれ個人・連帯責任を負う“パートナーシップ”での経営となるのか?あるいは一人が経営者となり、もう一人は従業員という形にしても、「一緒にカフェをやる」ということは可能です。 もしも会社を設立するということであれば、二人はそれぞれ幾ら出資するのか?また、その出資は、“資本金”という形で出すのか、あるいは会社への“貸付”という形で出すのか?「お金を出す」にしても、これを資本金とするか会社への貸付とするかで、権利・リスクは大きく変わってきます。 資本金として出資するのであれば、その出資額に応じて株式が発行されます。通常、会社の総株式数の過半数を超える株主は、(役員の選任を通じ)会社の運営方針の最終決定権を握ることになります。 また、お互いの給料の額及び、カフェで利益が出た場合に、それをどう分配するのか?ということについても決めておくべきです。ただ「出資比率に応じて利益は分配する」という簡単な話ではなく、例えば未来に向けての設備投資のために、利益のうち幾らかは二人で分配せずにビジネス内部に留めておく必要もあるかと思います。なお、お互いの利益分配、幾らをビジネスの運営のためにキープするのか?という点については、往々にして争いの原因となります。 上記とは逆に、もしもカフェの運営が上手くいかず、例えば追加で資金注入が必要となった際の、お互いの責任・義務についても、出資形態や運営形態を決める上で考慮しなくてはいけない点です。 複数で事業を行う個々の形態にはそれぞれの長所・短所があります。あなたたちにとって一番適した形態を選ぶためには弁護士や、会計士にアドバイスも求め、二人でよく相談するところから始めてはいかがでしょうか。