X
スティーブン・フゥ

スティーブン・フゥ

特別顧問

中国出身。1997年に渡豪した後、クイーンズランド大学及びシドニー大学にて学び、科学・法学学士号を取得。 2004年にWentworth Chambers所属バリスターの補佐として数多の訴訟経験を積み、2007年に弁護士登録。大手法律事務所で数年勤めた後、2010年にプロパティデベロッパー、Inmark Groupの企業内弁護士に就任。 社のシドニー中心部の大型プロジェクトを成功させた後、2013年に中国に一時帰国し、山東省の国有企業のマネージャーとして、同地での運営責任者となる。 2017年にオーストラリアに戻り弁護士活動を再開。上記の商業活動で培った経験を活かし、企業クライアントに対しビジネスニーズに即したサービスを提供する。

取り扱い分野

Qualifications

  • 弁護士資格 (NSW州最高裁判所)

  • 弁護士資格 (オーストラリア連邦最高裁判所)

コラム

MORE >


労働法

オーストラリアの労働法 / カジュアル・フルタイム雇用の区別に関する重要な判決

オーストラリア連邦裁判所は2020年5月20日、WorkPac Pty Ltd対Rossatoの裁判において、カジュアル・フルタイム雇用の区別についての重要な判決を下しました。 この事件は、Glencore社の所有するQueensland州の2つの鉱山で派遣鉱夫として就労していたRobert Rossato氏と、同氏の法律上の雇用主である派遣サービス会社・WorkPac社との間で、カジュアル雇用された従業員の有給休暇取得権利の有無につき争われたものです。 事実関係 Rossato氏はWorkPacとの間において、明確にその雇用形態が「カジュアル」として明示された契約のもと約3年半以上就労していました。その期間、通常の給与に加え25%のカジュアル・ローディングが支払われていました。カジュアル雇用の従業員は正社員と違い、年次有給休暇や有給疾病休暇などを取得する権利を持たない代わりに、給与にカジュアル・ローディングが付与され支払われることが通常です。 しかしRossato氏は、「その勤務スケジュールが何ら正社員と変わりなく、契約上はカジュアル雇用とされているものの、その雇用実態は正社員と同等であり、よって有給休暇取得の権利がある」と主張していました。 これに対しWorkPac社は、実際にカジュアル・ローディングがRossato氏に支払われていた事実に基づき、「Rossato氏はカジュアル従業員であり、有給休暇取得の権利を有さない」と主張しました。 判決 連邦裁判所 はフェア・ワーク法(Fair Work Act)、企業協定(Enterprise Agreement)、全国雇用基準(National Employment Standards)等を鑑み、「Rossato氏の雇用形態は、定期的(regular)、固定的(certain)、継続的(continuing)、安定的(constant)かつ予測可能(predictable)なものであり、また、勤務スケジュールが事前に知らされる等、実質的に正社員と同様であることから、フルタイム従業員と同等の権利、すなわち年次有給休暇、有給疾病休暇、有給恩情休暇、祝日受給などの権利を有する」として、WorkPac社の主張を却下しました。この裁判の最も重要なポイントは、裁判所は雇用について契約上の形式よりも実体を考慮し、その雇用形態を判断するということです。但し、適用される労使裁定によっては、カジュアル従業員は「カジュアル・レートで給料が支払われている者」などと定義されていることがあり、そうした場合には本裁判のような場合であっても、カジュアル・ローディングの支払いが雇用形態の決定的な判断要素になります。 今後、連邦政府が本判決に対する介入および法改正を実施、またはWorkPac社が連邦最高裁判所に上訴する可能性はあるものの、今回の判決を機に、雇用者はカジュアル従業員の雇用契約条件を見直す必要があるかも知れません。 具体的には、以下の点に関し検討する必要があります。 1. カジュアル雇用に対し、他の雇用契約形態(パート・タイムや期間雇用等)がより適切であるか否か。 2. 該当する従業員のカジュアル・ローディングに関する条項の中に、「仮に従業員の雇用形態がカジュアルでないと裁判所により判断された場合、既に支払われたカジュアル・ローディングは返金とする」等の条項の挿入。 3. 最低でも12ヶ月に1度、カジュアル従業員の雇用形態を定期的に見直すこと。 カジュアル従業員を新たに雇う場合の注意点や、今回のWorkPac対Rossato判決による労使関係一般に対する影響など、ご質問等ございましたらお気軽にH&H Lawyersへお問い合わせください。

24 Jun 2020


当事務所関連

Bringing the worlds of business together – H & H Lawyers

Thursday, 13 June 2019 – Rise of the boutique law firm Doing business with international partners – whether it be an entity operating on Australian soil or a local brand venturing offshore – can be fraught with difficulty. Between establishing a fresh customer base, navigating new laws, regulations and corporate governance, creating effective relationships and becoming nuanced with cultural mores (perhaps the trickiest of all), the business of doing business has the potential to bring an enterprise undone. For instance, exchanging a business card using one hand rather than two can be seen as a sign of disrespect in some cultures. Who would necessarily know? With Australians increasingly undertaking business across the world and with Asian powerhouses such as Japan, Korea and China, navigating the behind-the-scenes landscape, as well as providing direct services and advice, has become all important. Business owners and operators need to focus on what they do best, so employing people who specialise in troubleshooting make-or-break sensitive legal, technical and cultural matters is a vital and strategic move. Sydney’s H & H Lawyers offers this official and unofficial role in its capacity as a firm on the path to being Australia’s biggest ‘‘Asian’’ law firm. H & H Lawyers’ services include commercial and corporate advisory, acquisitions, dispute resolution, employment law, corporate migration and intellectual property. “Our bilingual lawyers have been inundated with work representing multinational corporations and government agencies from Japan, Korea and China that want to expand their businesses into Australia,” says Principal Ken Hong. “We have also been very busy acting for local clients with Japanese, Korean or Chinese backgrounds, or that have transactions with their counterparts in those three countries. “Demand for our services has escalated, so we are rapidly expanding to meet the demand.’’ Fellow Principal Yukio Hayashi says a vital aspect of the firm’s work includes “bridging fundamental cultural differences”. “This cross-cultural dexterity is not necessarily part of our brief, but it’s what we offer as well, as it is so essential,’’ he says. “Our team not only speaks the languages, but also intimately understands the cultural nuances of Asia. This saves our clients so much time in getting straight to the actual issues and resolutions. Without the right knowledge of culture, a lot of key messages can be lost in translation, particularly legal concepts, leading to a frustrating experience for all. “We had one situation recently in which there was an investment in an Australian business by a Japanese company. There were excellent managers and staff in situ, but the incoming management from Japan had their way of doing things that did not rest well with the Australian team, and vice versa.” “This friction was no one’s fault, but we made it our job to navigate the cultural minefield. We were able to get each side to see things from the other’s perspective and that made all the difference.” Hong and Hayashi say that by going this extra mile, the law firm can resolve difficulties and help international-facing businesses to thrive. “The importance of Australia’s trade relationships with Korea, China and Japan need no further explanation,’’ says Hong. “They are our top three trading partners. We look forward to continuing with our work and contributing to Australia’s successful trade relationships with those three countries.” Says Hayashi: “Our firm is well placed and equipped to help clients have a more fruitful, efficient and enjoyable experience in doing business.’’

13 Jun 2019


当事務所関連

スティーブン・フゥ弁護士、トレイシー・フォ弁護士採用

この度、スティーブン・フゥ弁護士が新たにH&H Lawyersに加わりました。 2004年に法学校で学ぶ傍ら、Wentworth Chambersにて高名な法廷弁護士に師事し、2007年に弁護士資格を取得。オーストラリアにて弁護士業に数年携わった後は、土地開発・資産管理会社においてアソシエイト・ディレクター並びに社内弁護士として勤めたという経歴の持ち主です。 中国の生まれにして英語と中国語の両方に堪能であるスティーブン・フゥ弁護士は、中国とオーストラリアの二か国において培ってきた、不動産開発・建設、企業法務などの分野の経験をもとに、より専門的な法務サービスを提供します。 この度、トレイシー・フォ弁護士が新たにH&H Lawyersに加わりました。 2007年に渡豪の後、シドニー大学法学部を2013年に卒業。香港、山東省で、不動産法を専門とする法律事務所につとめ、またシドニーに戻った後はファンド・マネージメント会社にて企業コンプライアンスを担当。これらの経験を通じて培った幅広い知識とともに、幅広い分野において法務を担当します。

30 Aug 2018