Speaking Your Language

お知らせ

MORE >


税法

FY2020 Tax Return

Who would have guessed that the impact of COVID-19 would also be felt when preparing your tax return?   With various restrictions in place since March 2020, meaning many people have been work from home, more than ever it is important to understand what expenses you can and can’t claim as a tax deduction.   In recognition that going through expenses and apportioning what relates to work might not be most people’s cup of tea, the ATO has introduced a new method for calculating your deduction for work-related expenses for the 2020 financial year (called the “shortcut method”) with the view to reducing complexity.   We have set out a summary of the three methods of calculating your deductions in the table below.   If you plan on using a method other than the shortcut method, you will need to bear in mind the following general principles when claiming a deduction:   You must have spent the money. The expense must be directly related to earning your income. You must have a record to prove it.     So no, that shiny new coffee machine you bought is not likely to be deductible, even if you feel it’s the only way you can get through your working day.   What you can claim What you can’t claim Requirements Shortcut method 80c for every hour worked at home for the period from 1 March to 30 June 2020.   If you work 38 hour weeks, this would mean a deduction of just under $500. Actual costs of your expenses (e.g. utilities and equipment) – the 80c per hour is meant to cover all this. Record of the hours you have worked from home (e.g. timesheet, roster, diary, work records).   Fixed-rate method ·         52 cents for every hour worked at home to cover the cost of electricity, gas and depreciation of home office furniture. ·         Actual costs incurred for phone calls, internet, stationery. ·         Full cost of work-related equipment costing less than $300 (e.g. PC monitor). ·         Decline in value of work-related equipment over $300 (e.g. laptops and phones), based on their effective life.   For laptops this is 2 years,  desktops are 4 years, mobile phones are 3 years. See link below for ATO’s ruling as to effective life.     Actual costs of electricity, gas and home office furniture (covered by the 52c per hour deductions).   Non-deductible expenses, e.g: -       Snacks -       Toilet paper -       Coffee, tea and milk -       Luxury stationery -       Childcare or home schooling costs -       Items reimbursed by your employer. Dedicated workspace   Comprehensive records: -       receipts or other written evidence of amounts spent -       statements with breakdown between work and private calls to determine percentage of work-related use for a representative period (4 weeks) -       diary covering the representative period showing usual pattern of work -       your work-related internet use -       the percentage of the year you used depreciating assets exclusively for work. Actual expenses method ·         Actual cost of utilities, i.e. electricity and gas. ·         Actual cost of cleaning for the work area. ·         Actual costs incurred for phone calls, internet, stationery. ·         Repair costs for equipment and furniture. ·         Full cost of work-related equipment costing less than $300 (e.g. PC monitor). ·         Decline in value of work-related equipment over $300 (including furniture and fittings), based on their effective life. Non-deductible expenses per above. Dedicated workspace.   Comprehensive records (as described above) of all costs.   Can you claim the value of equipment you bought pre-COVID-19? You can claim the decline in value attributable to the period you used the equipment for work at home, provided it has not been written off already.   For example, a laptop (which has an effective life of 2 years) bought one year ago will have one year of effective life left. If you used the laptop for work purposes, then you will allowed a deduction corresponding to the decline in value for that period.   Say the laptop was worth $4000, and you used it for work purposes 50% of the time during 1 March and 30 June 2020. The deduction you get is under the prime cost method is:   $4000 × A × B × C = $330   Where: A = 50%, being the percentage representing 1 year of the 2 year life; B = 33%, being the percentage representing 121 days of the year; C = 50%, being the proportion used for work.   In this case, you are most likely already better off claiming under the fixed-rate method than the shortcut method, even if you don’t claim anything else (i.e. approximately $500 vs $654).   On the other hand, if you bought the laptop more than 2 years ago, there will be no deduction.   Can you claim expenses like your mortgage, rent and council rates? Most likely not if you are an employee simply working from home due to COVID-19 restrictions. These expenses can be claimed for example if you run a small business from home.   The key criteria are: 1.    The area claimed for occupancy expenses must be used extensively and systematically for taxpayer's work. This generally requires almost exclusive use for work such that the taxpayer and family have forgone domestic use of that room and/or that the room is not readily adaptable back to domestic use. 2.    The home office is not just a mere convenient place to work.   Note you don't get the full main residence exemption if your home is your principal place of business, although you're probably entitled to a partial exemption.   Can I claim a deduction for amounts where my employer provided an allowance? Yes, but only if the allowance is included as income in your tax return (and assuming it is not a reimbursement).   Can you claim travel from your home office to your actual office? No - your home is still a private residence and you cannot claim your trip from home to your regular workplace.   Is Jobseeker tax-free? It depends. Jobseeker will still constitute income, so you will need to include it on your tax return. If you remain under the tax-free threshold (taking into account all your other income), then you will not need to pay any tax. If your income is over the $18,200 threshold, then you will need to pay tax.   Early super withdrawals Please be warned that if you made an early withdrawal of your super improperly, there is a good chance the ATO may catch you in an audit. To have been eligible for the scheme, you must have been made redundant, working reduced hours of at least 20%, be unemployed or be eligible for welfare assistance such as JobSeeker (not JobKeeper), Youth Allowance or Parenting Payment. If you are a sole trader or run your own business, and have experienced a 20% or more fall in revenue, you are also eligible.   If you made a withdrawal even though ineligible, you will be liable to pay tax on the amount withdrawn as well as penalties. If this is your situation, the best way forward is to come clean and make a voluntary disclosure. If you need assistance in this regard (or any other tax matters), please feel free to contact us.   Link to ATO website: Home office expenses https://www.ato.gov.au/Individuals/Income-and-deductions/Deductions-you-can-claim/Home-office-expenses/   Link to ATO website: TR 2019/5 – Income tax: effective life of depreciating assets https://www.ato.gov.au/law/view/document?DocNum=0000014624&PiT=99991231235958&FullDocument=true


税法

印紙税・土地税アップデート

背景 2020年6月18日、NSW 州税法の改正に関わる法案が州議会にて通過されました。この改正法案により、外国人による不動産購入に際し課せられる外国人特別課税(印紙税・土地税)が、「裁量信託(discretionary trust)を介し不動産を購入する場合、どのように適用されるか」という点が明確になりました。また、「裁量信託に対し外国人が受益者となることを除外した際の、外国人特別税の返金や課税適用の除外」に関する条項も改正されることになります。   印紙税・土地税の外国人特別課税とは NSW州において外国人が居住物件を購入・所有する際には、通常の印紙税・土地税に加え、外国人特別税(surcharge)として、通常の印紙税に加えて8%の追加課税、そして毎年12月末に、通常の土地税に加えて2%の追加課税が生じます。 通常適用される土地税の非課税限度(tax-free threshold)は、外国人特別課税については適用されません。つまり、通常は土地税が非課税となる評価額(例えば$500,000)の不動産であったとしても、外国人特別追加税(2%=$10,000)が課税されることとなります。   家族信託(family trust)も特別追加課税の対象となり得る オーストラリア国籍や永住権を持たない個人は、当然ながら上記の外国人特別課税の対象となりますが、ここで特記すべきは、原則的に裁量信託として国内で設立される家族信託(family trust)の多くが、「外国人」の定義に含まれることです。これは、仮にその信託の受益者になる可能性がある者の中に、一人でも外国人が含まれる場合には、その信託は「外国人」とみなされるためです。この際、受託者が実際に外国人受益者に信託財産を分配するか否か、または分配する意思があるか否かは無関係となります。また、そうした外国人受益者の存在が信託証書に明示されている必要もなく、外国人が受益者になり得るという点のみによって、該当する家族信託は外国人とみなされます。 しばしば家族信託の信託証書では、核家族だけでなく、広く親族を受益者として設定する場合があります。また、そうした受益者が所有する会社やチャリティー組織など、関連法人を受益者として指定するケースもあります。     例えば、上記の図のような当事者関係において、XYZ裁量信託の受益者として「A氏(オーストラリア人)」並びに「A氏が権利を有する会社・信託」が指定されていたとします。更に、99%の株式が外国人によって持たれているABC社があったとして、A氏はABC社に1株のみを所有しているとします。このような場合、「ABC社はXYZ裁量信託の受益者になる可能性がある」ということになり、XYZ裁量信託は「外国人」とみなされ、外国人特別課税の対象となります。XYZ裁量信託がABC社に対し信託財産の分配をした事実が無く、今後分配する意思が一切無くとも、この場合は無関係となります。 別の例として、当事務所が直近で確認した裁量信託証書では、その受益者として「大学・カレッジ等の教育機関(その種類を問わず、また所在のオーストラリア国内外を問わない)」という表記がされていました。この信託もまた、「外国人」の定義に含まれることとなります。 また、家族信託の受益者となり得る「親戚」の中に、外国人が含まれ得るような場合にも、その家族信託は「外国人」とみなされることとなります。 今回の法改正により、「信託の受益者となり得る者において、外国人を除外しない限り、裁量信託の受託者は、外国人受託者とみなされる」ということが明確になります。これにより、上記のような「みなし外国人信託」のカバー範囲の広さが改めて強調されると同時に、外国人が受益者に含まれないことを明記することで、外国人信託とみなされるリスクを回避することができることになります。   終わりに 仮に裁量信託を通じて不動産の購入を考えている場合、あるいは既に裁量信託によって不動産を所持している場合であっても、本法案が許容する猶予期間である2020年12月31日以前であれば、そうした裁量信託の証書に「受益者に外国人は含めないものとする」という条項を挿入・修正することができることになります。 2020年末までまだ半年ほどあるものの、家族信託が外国人信託とみなされ、特別課税の対象となるリスクを回避するためにも、早急に信託証書の修正を実施することをおすすめいたします。 外国人特別課税リスク回避や、信託証書の確認及び修正につきましては、どうぞお気軽にH&H Lawyersまでご相談ください。  


労働法

カジュアル・フルタイム雇用の区別に関する重要な判決

オーストラリア連邦裁判所は2020年5月20日、WorkPac Pty Ltd対Rossatoの裁判において、カジュアル・フルタイム雇用の区別についての重要な判決を下しました。 この事件は、Glencore社の所有するQueensland州の2つの鉱山で派遣鉱夫として就労していたRobert Rossato氏と、同氏の法律上の雇用主である派遣サービス会社・WorkPac社との間で、カジュアル雇用された従業員の有給休暇取得権利の有無につき争われたものです。 事実関係 Rossato氏はWorkPacとの間において、明確にその雇用形態が「カジュアル」として明示された契約のもと約3年半以上就労していました。その期間、通常の給与に加え25%のカジュアル・ローディングが支払われていました。カジュアル雇用の従業員は正社員と違い、年次有給休暇や有給疾病休暇などを取得する権利を持たない代わりに、給与にカジュアル・ローディングが付与され支払われることが通常です。 しかしRossato氏は、「その勤務スケジュールが何ら正社員と変わりなく、契約上はカジュアル雇用とされているものの、その雇用実態は正社員と同等であり、よって有給休暇取得の権利がある」と主張していました。 これに対しWorkPac社は、実際にカジュアル・ローディングがRossato氏に支払われていた事実に基づき、「Rossato氏はカジュアル従業員であり、有給休暇取得の権利を有さない」と主張しました。 判決 連邦裁判所  はフェア・ワーク法(Fair Work Act)、企業協定(Enterprise Agreement)、全国雇用基準(National Employment Standards)等を鑑み、「Rossato氏の雇用形態は、定期的(regular)、固定的(certain)、継続的(continuing)、安定的(constant)かつ予測可能(predictable)なものであり、また、勤務スケジュールが事前に知らされる等、実質的に正社員と同様であることから、フルタイム従業員と同等の権利、すなわち年次有給休暇、有給疾病休暇、有給恩情休暇、祝日受給などの権利を有する」として、WorkPac社の主張を却下しました。この裁判の最も重要なポイントは、裁判所は雇用について契約上の形式よりも実体を考慮し、その雇用形態を判断するということです。但し、適用される労使裁定によっては、カジュアル従業員は「カジュアル・レートで給料が支払われている者」などと定義されていることがあり、そうした場合には本裁判のような場合であっても、カジュアル・ローディングの支払いが雇用形態の決定的な判断要素になります。 今後、連邦政府が本判決に対する介入および法改正を実施、またはWorkPac社が連邦最高裁判所に上訴する可能性はあるものの、今回の判決を機に、雇用者はカジュアル従業員の雇用契約条件を見直す必要があるかも知れません。 具体的には、以下の点に関し検討する必要があります。 1. カジュアル雇用に対し、他の雇用契約形態(パート・タイムや期間雇用等)がより適切であるか否か。 2. 該当する従業員のカジュアル・ローディングに関する条項の中に、「仮に従業員の雇用形態がカジュアルでないと裁判所により判断された場合、既に支払われたカジュアル・ローディングは返金とする」等の条項の挿入。 3. 最低でも12ヶ月に1度、カジュアル従業員の雇用形態を定期的に見直すこと。  カジュアル従業員を新たに雇う場合の注意点や、今回のWorkPac対Rossato判決による労使関係一般に対する影響など、ご質問等ございましたらお気軽にH&H Lawyersへお問い合わせください。


遺言書, 家族法

K-POPスター、クハラさんと遺言状の大切さ。

2019年11月末K-POPスターのクハラさん(享年28歳)の急な悲報は多くの人に驚きを与えたと思います。しかし、彼女の死後さらに心の痛む出来事が有りました。それは彼女の幼い時期の不幸が彼女の母親が提起した相続紛争の為明らかになった事です。8歳のクハラさんと2歳年上の兄二人は母親に見捨てられ祖父母の手に育てられました。 クハラさんが28歳で亡くなった時、彼女は独身で配偶者や子供も無かった為彼女の財産は相続法による相続になりました。韓国相続法では、死亡時に有効な遺言がない場合、直系卑属、直系尊属、兄弟、4親等内の傍系血族の順で相続する事を定めています。 クハラさんの場合、遺言状が無かった為、父と母そして兄のみが相続人になりましたが父は彼女の成長に全く寄与して無い事実を理由に相続を放棄したがので彼女の一緒に苦労してきた兄への相続が決まるようになってました。しかし、クハラさんの葬式に突然彼女の母が現れ、葬式の後クハラさんの全ての財産を自分が相続すると主張しクハラさんの母は弁護士を雇い、相続法下で遺産相続の法的手続きに入りました。 幼い子供を捨て扶養義務と責任を果たして無い他人同様の母親が相続しても良いのか社会的公憤が広がりました。しかし、法律的現実と社会的現実の間には大きな隔たりが有ります。母親に法定相続権を認めるのは不合理かもしれないが、現行の韓国の相続法と如く、扶養責任と義務を正しく履行してない母親でも裁判所は故人の母親の相続を認めざるを得ません。 ニューサウスウェールズ州も同様で、2006年の相続法(NSW)では遺言なしで死亡した場合、遺産が分配されます。生存配偶者が最初に継承され、生存配偶者がいない場合は、子供、親、兄弟姉妹、祖父母、父母の兄弟姉妹、父母の兄弟姉妹の子女の順で相続されます。 ニューサウスウェールズ州でもクハラさん事件と似た事件が相次いでいます。そのケースを見でみましょう。 幼い時から暴行禁止命令(AVO)を出る程に父親から暴力を受けていた息子が相当の財産を残し20代後半事故の為死亡しました。扶養義務と責任を果たして無い父親の暴力から逃れるため離婚した母親は独り身で息子を成人させ独立するまでになりました。独身だった息子はまさか20代後半の若い内に亡くなるとは想像もしてない為遺言状の作成を思いもしていませんでした。息子の死後、母親は息子の財産を清算、相続するために、遺産管理人と排他的相続人としての指定を裁判所に申請したが、裁判所が有効な遺言状が無い、相続手続きは法律に定められている事を理由に母親の申請を拒否しました。2006年相続法(NSW)では、故人に生存配偶者や子がいない場合、両親は相続人となり、父親も対等な立場で相続する権利を有すると判決したのです。 有効な遺言状が無い場合、家族関係や背景、状況などの社会的、感情的な要因は相続に影響を及ぼすのではなく相続法が唯一の基準になります。世の中のそれぞれの家族は、独自の物語を持っており、異なる家族関係を形成します。しかし、法律は、少なくとも遺言の相続のために、これらの要因を考慮しません。この世を去った後、自分の財産を処分する方法を決定する唯一の方法は有効な遺言状を作成することです。 多くの人が遺言状の作成は重要だと承知していると思いますが、現実には「目の前の何をすべきか」という優先順位に後回しにされているのが現実です。我々は不確実な時代に生きており、いつ、何が起こるか誰も知りません。今地球規模で大打撃を受けているCOVID – 19パンデミック事態を見るとさらに明確になります。今こそ、自らの人生を見直し、自分の財産をどう精算し相続するかその方法を計画する必要があります。予期せぬ突然の別れで、残った家族が相続手続きや相続財産の為に争ったりすることで家族がバラバラになる事を防ぐためには、法的効力のある遺言書を作成するなど、前向きの準備をする知恵が必要です。私たちH&H Lawyersの豊かな知識や経験の持つ専門弁護士達があなたの力になることを期待しています。


労働法

雇用法 - 雇用契約書を交わしていない社員との間に起こりえるトラブルとは

Q:正式な雇用契約書を締結しないまま勤続して10年になる中堅社員がいます。今までずっと雇用契約書がなくても問題はなかったのですが、やはり雇用契約書は作成したほうがいいのでしょうか?(40代男性=日系企業・人事担当) A:雇用契約は必ずしも書面で締結しなくてはならないといものではありません。口頭での雇用契約であっても法的効力は発生します。そもそも雇用に関する詳細な条件について口頭ですら話し合いがなかったとしても、実際にその従業員が雇用者のもとで働いているのであれば、(原則的に)雇用関係が存在します。詳細な雇用条件につき取り決めを交わしていない場合でも、賃金、就業時間、Annual LeaveやSuperannuationなどは、法で定められた最低労働基準を満たす必要があるのは言うまでもないことです。 しかし、法の定める労働基準は大変複雑です。雇用者としては、最低雇用基準がしっかりカバーされていることを契約書で確認できるようにしておかないと、“うっかり”最低労働基準に違反 してしまう可能性もあり、Fair Work Ombudsman(労働監督署)から罰金の支払いを命じられるかもしれません。 また、最低労働基準を間違いなく上回る条件で従業員が雇用される場合であっても、その諸条件の詳細につき双方の理解が合致していることを、書面でしっかり確認し記録しておくべきです。よく起こる問題として、給料が年棒(時給ではなく)で提示されている場合に、その年俸が何をカバーしているのかについて当事者らの理解が一致していないことがあります。例えば、雇用者はその年棒が「妥当な残業代をあらかじめ含む」というつもりでいたのに対し、従業員は「残業代は別に請求可能」と理解しており、後になって残業代の未払い請求をされた、というケースです。年棒がこうした“みなし残業代”を含む場合には、原則的に、雇用者は従業員にその旨を書面で通達することが法律上義務づけられていますので、雇用契約書は必要となります。 また別のよくある問題として、契約書が不在ですと、その従業員を解雇するにあたり必要となる“解雇通知の期間”が不確定となります。通常、雇用契約書に「解雇通知はXX週間前に出すものとする」と記してあれば、(不当・不法解雇の問題は別として)その期間以前に解雇通知を出すことで従業員の解雇は可能となります。しかし、この点について明文化した契約書が存在しない場合、解雇通知の期間は「“妥当な期間”でなければならない」と法律は定めています。“妥当な期間”とはケースバイケースでの判断となるため、しばしば争いの原因となります。 クリエイティブな職種の場合には、その従業員が職務を遂行する過程で生じた知的財産の所有権について明確にする必要があるでしょう。守秘義務や、必要に応じ、離職後の競業避止義務等についても、雇用契約書に盛り込んであらかじめ合意を取っておかないと、後になって雇用者にとって大変不利な状況を招きます。 特に、今回の相談のような中堅社員や上級管理職にある従業員の場合には、上記のような事柄について雇用契約書で定めておかないと、後に大きな労使トラブルへと発展しがちです。しかし、突然「雇用契約書にサインしろ」と求めるのは難しいかもしれませんので、次の昇給・昇進のタイミングに合わせて雇用契約書を提示するのが良いと思います。

ニュース

MORE >

  • 当事務所関連

    H&H Lawyers シニア―弁護士(上級弁護士)3名加入のお知らせ

    19 Aug 2020

  • 当事務所関連

    Our New Melbourne Office

    12 Jun 2020

  • 当事務所関連

    We welcome Erica Lee and Gina Jung

    27 May 2020

  • プレスリリース

    オーストラリアの少年法

    07 Jan 2020

  • プレスリリース

    Sponsored Parent (Temporary) visa (Subclass 870) - SBS

    03 Dec 2019